2018年05月25日

田舎のパン屋がみつけた「腐る経済」

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』は、現在鳥取県智頭町でパン作り・ビール造り・飲食店を経営されている渡邊格氏が書いた本。韓国でベストセラーとなるなど、結構話題になった本のよう。以前新聞でとりあげられていて、文庫版を購入していた。
買ってから読むまでに少々間が空いた。購入後ざっと目を通した時の印象では、理屈の粗雑さが気になって、すぐに読む気にならなかったから。先日、ちょっと時間のできた折に、さっと読もうと読み始めると、当初の印象とは違ってきた。理屈が粗雑であるのは当初の印象通りであったが、著者のパン―天然菌に向き合う姿、その感性と行動力は、理屈の粗雑さを補って余りある強さをもって浮き上がってきた。
著者は単行本発行後(2013年)、文庫版ができるまでの間(2016年)に、天然菌を使ってのビール醸造を行い、そのビール製造過程でできる酵母をパン作りへと利用しているとのこと。また、地元の農産物を利用して飲食店事業を行うなどして、地元で雇用を生みつつ、地域づくりの中心的な役割を担っている姿がうかがえる。
このような事業の拡大に対する批判的意見や本に書かれている理屈の欠点への批判は結構あるのではないかと推察するが、本からうかがえる菌に対する感性は素晴らしいし、事業の拡大も「自然過程」のように感じた。

私も、よいもの(野菜)を作ってお客さんに喜んでもらいたい、という思いで野菜をつくっているが、どうも最近は結果としての野菜のほうに主に気をとられて、土つくりがおろそかになっていはしないか、という気がしていた。“ゆっくり、いそげ”の精神で、いま一度土つくりに立ち返って、“よい土を作る→健康でよい野菜を育てる”というベクトルで野菜つくりをしていかないと、という思いが強くなった。
posted by 五人坊主 at 21:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする