2016年11月10日

家族のゆくえ

私はいま保育園の保護者会の役員をやっている。先日、保護者と保育園と行政(村長、保健福祉課課長、担当係)との懇談会があった。懇談会の趣旨は、保護者サイドから保育園事業にかかわる要望や問題を行政に伝え返答を得ること、保育園事業に対しての行政として方向性や考えをうかがうこと、など。保護者であればだれでも参加できるのだが、役員の保護者が数名参加するのみだった、私も役員でなければ参加しなかっただろう。 その中で、保育園の通常の保育(平日9時から4時まで)以外に行われる"延長保育"が話題になった。現在行われている延長保育は、朝と夕方の1~2時間、土曜日の半日。年々要望が増えてきて、平日の夕方延長保育を利用している子供は、全体の4割近くに上り、年々増加してきているとのこと。行政の担当者の話では、近隣の市では365日保育(利用者は曜日に関係なく1週間のうちの5日子供を保育園に預けられるというやり方)が行われていたり、0歳児保育(実際に生後2か月の乳児が預けられていたそうな)が行われていたりしているという。このままではコンビニ状態(24時間365日保育)になるのではないかと役場担当者は冗談とも本気とも取れない感じで言っていた。また、行政では「子育て支援」として保育料の補助を行ったり格安での延長保育を行っているのであるが、これでは親の「就労支援」をしているようなもので「子育て支援」になっていないとこぼしていた。さらに、保育園の実状としては、延長保育を行いたくても保育士がいない。保育士の有資格者は大勢いるかもしれないが、ほとんどの人が民間企業へ行ってしまって現在の保育士の待遇では人が集まらないという。
一方で、今日のニュースでは老人介護の人手不足から、外国人介護士の就労を認める法的措置が認められたとが伝えられていた。

『家族のゆくえ』(吉本隆明)のなかで、冒頭「家庭の幸福は諸悪のもと」という太宰の言葉が引用されている。この太宰特有の逆説・アイロニー的言葉(思想)が、いまや逆説・アイロニーとして一まわりまわった意味合いではなくストレートに世情を表現していると思えてくる。子供を保育園・幼稚園に預けざるを得ない事情、介護が必要な親を預けなければならない事情は当然それぞれあるはずであり、多くのひとは「やむなく」やっていることだということはよくわかる気がする。自身もそういったことを批判できる立場にはない。しかし、保育園のコンビニ化、老人介護をするのは外国人ばかり、といった状況を思うと「世界の終わりは近い」(宮崎駿)という気がしてきてしまう。

"わたしは、子育てのかんどころは2か所しかないとおもっている。そのうちの一か所が胎内7~8か月あたりから満一歳半ぐらいまでの「乳幼児期」、もう一か所は「少年少女期」から「前思春期」にかけての時期だ。この二か所で、母親あるいは母親代理が真剣な育て方をすれば、まず家庭内暴力、けた外れの少年殺傷事件のような深刻な事態には立ち至ることはないとおもえる。もちろん、悪ガキというか悪童ぐらいにはなるかもしれないが、しかし、いきなり他人を刺してしまったり、あるいは親を殺したりということまでには至らないはずだ。
ところが、これほど重要なふたつの時期のうちのひとつ、つまり胎内7~8か月から満一歳半ぐらいまでの乳児の世話をする母親が、気が進まないまま子供を産んだ結果、「赤ちゃんの世話をするなんて面倒だ」とか「一年の空白ができてしまうじゃないの」という思いにとらわれるとすれば、その影響は深刻だと言わざるをえない。この時期の子供には母親の愛情をたっぷり注がなければいけないのに、肝心の母親が「面倒だ」とか「厄介だ」という思いで赤ちゃんに接したとすれば、それこそ、もうあとになっては取り返しのつかないような悪影響がでてしまう"
この考え方については『母型論』(吉本隆明)の中で詳しく論じられてる。これは「心」の問題、「精神」の問題について吉本氏が考え抜いたうえでの一つの結論だといえる。

現状からすれば、家庭外保育の低年齢化、長時間化のながれは容易に変わることはないと思う。ただ、どこかでどん詰まりがくることは確かなような気がする。「女性が活躍する社会を」というのは、それはそれで大切なことだと思う一方で、"子育ての勘どころ"におけるケアを最重要課題にすえた家庭のあり様、働き方、行政の施策を真剣に考えていかなければならないように思う次第。
posted by 五人坊主 at 21:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。